高屋永遠《百年の後 After one hundred years》

¥750,000(税別)

高屋永遠《百年の後 After one hundred years》

New Energy Tokyo 出品作品

販売価格
¥750,000(税別)

数量

在庫 : 要確認

Size

65.2×100.0cm

Year

2022

Material

顔料、油、麻キャンバス

私の制作は、「存在とは何か」という問いへの関心と分かちがたく結び付いています。
私にとって絵画は、目の前に存在する捉え得ぬ無限、あるいはその無限に反響した生の時間を、私の知覚が朽ちる前に保管しておくための媒体です。
私にとって生の時間は直線的なものではなく、常に循環し、反響し、再生するものなのです。
存在の背後に潜む深淵を、色彩を通していかに形而下に留めるか。
その探究のために、私は色彩と知覚の実験を繰り返し、平面表現を独自に試行し続けます。

My work is inseparably linked to my interest in the question, “How the world exists.” For me, painting is a way oflooking at the elusive infinity that exists in front of me,
or at the time of life that echoes that infinity.
It is a medium to preserve my perception before it decays.
For me, lifetime is not linear, but always circulates, reverberates, and regenerates.
How can I hold the abyss that lies behind existence metaphysically through experience of colors?
To explore this question, I repeatedly experiment with color and perception, and continue to experiment with planar expression in my own peculiar way.

1992年東京都生まれ。2012年ロンドン芸術大学
セントラル・セントマーティンズ カレッジ修了。
2015年ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ卒業。
2023年Lurf Museum(東京)などにて個展多数。
2022年「Fine Art Collection」(松坂屋名古屋店 / 愛知)、
「Diverse Paintings」(西武渋谷店 / 東京)、
「What Cafe×WHYNOT.TOKYO Exhibition」(What Cafe /
東京)、「Connecting Dots」(Galeria Azur / ベルリン)、
「ASYAAF&Hidden Artists Festival」(弘益大学校現代美術館 /
ソウル)、2023年「Chroma Distance」(ポーラ ミュージアム
アネックス / 東京)などグループ展やアートフェアに多数参加。

Born in Tokyo in 1992.
Graduated from University of The Arts London,
Central Saint Martins in 2012. Graduated from
University of The Arts London, Goldsmiths in 2015.
Solo exhibitions: 2023 Lurf Museum(Tokyo).
Group exhibitions & Art fairs:
2022“Fine Art Collection”Matsuzakaya Nagoya(Aichi);
“Diverse Paintings”Seibu Shibuya (Tokyo);“ What Cafe×
WHYNOT.TOKYO Exhibition”What Cafe (Tokyo);
“Connecting Dots”Galeria Azur (Berlin);“ ASYAAF&
Hidden Artists Festival”(Hongik Museum of Art / Seoul);
2023“Chroma Distance”POLA MUSEUM ANNEX (Tokyo)