近藤守《流れ星》

¥240,000(税別)

近藤守《流れ星》

販売価格
¥240,000(税別)

数量

在庫 : 在庫有り

Size

41.0×31.8cm

Year

2020

Material

岩絵具、墨、和紙

場面展開に使われるフェードインやフェードアウトといった映像編集技法を絵の制作に取り入れている。一瞬の映像の重なりやカットの余韻を含むトランジション技法は、ノスタルジーを感じさせる効果がある。
制作には、木目を版画のように転写した和紙を利用している。木目は「1/fゆらぎ」という、見るだけで安らぐような波長を持っている。飾った場所が落ち着く空間になるような作品を目指している。

I take film editing techniques like fade-in or fade-out, which is used when a scene changes, in my artwork creation. Transitions including overlapping images for an instant or afterglow of a cut have an effect bringing us a sense of nostalgia.
I use Japanese paper with transferred wood-grain. Grain of woods have “1/f fluctuation wavelength” which is known to have relaxation effects. I aim to produce works which can make space relaxing.

1984年埼玉県生まれ。
2010年東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。
現在、公益財団法人日本美術院院友、一般社団法人日本美術家連盟会員。
2019年~2023年「近藤守日本画展」(東武百貨店池袋店 / 東京)にて個展開催。
2017年再興第102回院展、2018年第73回春の院展、2019年FACE展損保ジャパン日本興亜美術賞展など入選多数。
2018年第7回 Artist Group -風- 大作公募展入賞、2019年Seed山種美術館日本画アワード特別賞、国際芸術コンペティションアートオリンピア優秀賞、2020年有芽の会 日本更生保護女性連盟会長賞など受賞多数。

Born in Saitama in 1984.
Graduated from Tokyo University of the Arts, majored in Nihonga, in 2010.
Currently Inyuu (Advanced research member) of Nihon Bijutsuin and member of Japan Artists Association, Inc.
Solo exhibitions: 2019 – 2023 “Mamoru Kondou Nihonga Exhibition” Tobu Department Store Ikebukuro (Tokyo).
Accepted to: 2017 the 102nd Saikou Inten Exhibition; 2018 the 73th Inten Exhibition of spring; 2019 FACE Sompo Japan Nipponkoa Exhibition and more.
Awards: 2018 Artist Group Kaze; 2019 Special Prize at Yamatane Museum of Art NIHONGA AWARD Seed; Exellence Prize at International Open Art Competition Art Olympia; 2020 Japan Women’s Association for Rehabilitaiton Aid President award at Yuganokai and more.