今井貴絵

※今井貴絵のその他の作品は最下部をご覧ください

1995年東京都生まれ。2018年多摩美術大学美術学部工芸学科金属プログラム卒業。2020年東京藝術大学美術研究科工芸専攻修士課程修了。2022~2023年東京藝術大学美術研究科工芸専攻研究生修了。2020年 「花遊びのエラー」(galerieH/東京)、2022年 「排出のエラーたち」(旧平櫛田中邸アトリエ/東京) など個展多数。2020年 「The Woman Power 〜女子力展~」(石川画廊/東京)、2021年 「ファースト・パトロネージュ・プログラム 第4回 -特別 ver. 『再会のとき』 -」 (オンライン)、2022年「コモゴモ展 「Arts。 森」 一生命の息吹-」 (渋谷ヒカリエ / 東京)、 2023年 「藝大神話- Geishin」(藝大アートプラザ/東京) などグループ展に多数参加。

WEB Instagram   Twitter

Statement

私は金属を金鎚で叩き造形する鍛金技法の過程に「生と死」の感覚を感じて、独自の生きものを表現しています。 金属を叩いたり傷つけたり変形させたり、「絞り」技法によって作品の内部に空洞ができたりすることは、私には何か死に近いことに感じられます。しかし、「死」のようなものを経て実際に出来上がる作品たちには、妙な生命感と生の感覚が宿っています。私はそのことにいつも心動かされて、これまで生き延びてきました。 モチーフに多く登場する兎(うさぎ)には奇異な生々しさが、椿などの植物には生と死の境の曖昧さがあり、心惹かれて制作しています。

作品

ARTISTS