MARINO.

※MARINO.のその他の作品は最下部をご覧ください

1989年愛知県生まれ。
2014年武蔵野美術大学大学院造形研究科デザイン専攻修了。
2022年「色の記憶」(All Day Gallery / 東京)、
「Confront – 意識の内側」(Monkey Gallery / 東京)、
「T-Gallery」(Tea Gate Coffee / 東京)、
2023年「曖昧美」(Ma5 Gallery / 東京)など個展多数。
2022年「出会うアート展 by Sacs」(渋谷Sacs / 東京)、
「Yorimichi×イナズマArt【レストラン×現代アート展】」
(日比谷Okuroji / 東京)、「100人10」(東京ミッドタウン)、
2023年「+STA Exhibition」(+Art Gallery/ 東京)、「What Cafe
Exhibition vol.25」(What Cafe/ 東京)などグループ展に多数参加。

Born in Aichi in 1989.
Musashino Art University, MFA, Design in 2014.
Solo Exhibitions: 2022“Color Memory” All Day Gallery(Tokyo); “Confront – Inside Consciousness” Monkey Gallery (Tokyo); “T-Gallery” Tea Gate Coffee(Tokyo); 2023“Ambiguous Beauty” Ma5 Gallery(Tokyo).
Group exhibitions:2022“Encounter Art Exhibition by Sacs” Shibuya Sacs(a Tokyo);“ Yorimichi ×Inazuma Art[restaurant× Contemporary Art Exhibition]”Hibiya Okuroji (Tokyo); “100 People, Ten”Tokyo Midtown; 2023“+STA Exhibition”+Art Gallery(Tokyo); “What Cafe Exhibition vol.25”What Cafe(Tokyo).

WEB Instagram  Twitter

Statement

色とはなにか。立体とはなにか。存在することとはなにか。
そこに在るものは、曖昧な存在でしかない。私は自分自身を
異なる角度から捉えながら、“無意識に心を動かされるもの”や、
言葉にできない情緒や記憶を表現していきます。
私が自分の曖昧な記憶の中から色彩や形を再度引き出し、
「架空の記憶」として作品化することによって、
それを見る人の曖昧な記憶へと置き換えられるのです。
言葉にできない曖昧さはどのようにも捉えることができるので、
何色なのか、平面なのか、立体なのか、光なのか影なのか、
どう感じるかは受け取る側に委ねられます。人々が曖昧さの中に
心地よく浮遊し、浸ることができるような、1つの正解を求めない、
おぼろげな美しい世界で生きていたい。曖昧美。  ーMARINO.

What is color? What is three-dimensionality? What is existence?
What exists there is only an ambiguous existence.
While viewing myself from different angles, I try to express
ambiguous and unspoken emotions and memories, which are
“things that move me unconsciously.”I re-draw colors
and shapes from my own ambiguous memories and create
works of art as“ imaginary memories,” which are then replaced
by the viewer’s ambiguous memories. The unspoken
ambiguity can be captured in any way, so it is up to the viewer
to decide what color it is, whether it is flat or three-dimensional,
light or shadow, and how he or she perceives it. I would like to live
in a world that does not seek a single correct answer,
but rather a world that is dim and beautiful, where people can
comfortably float and immerse themselves in the ambiguity.
Ambiguous Beauty = Aimai-bi | I, MY, ME.  ーMARINO.

Profile

◆略歴
1989年愛知県生まれ
武蔵野美術大学空間演出デザイン学科修士課程卒業

◆OTHERS
2022年 三菱鉛筆 多目的室に納品
2022年 幕張ハウジングパーク ヘーベルハウスに納品
2022年 ハウジングパーク 新百合ヶ丘 ヘーベルハウス に納品
2023年 スカーフブランド「MACOOL」秋冬コレクション スカーフデザイン
アパレル系セレクトショップ「JURIE」札幌三越 委託販売
伊豆民泊 伊豆高原に納品
オークラランド住宅展示場 ヘーベルハウスに納品
伊豆民泊 自然響に納品

掲載号『ONBEAT vol.18』

ARTISTS